自分史ビデオのワンシーン(11) ご自分で撮影した動画を自分史ムービーに入れましょう 

スマホでビデオ撮影する人

 今回は、スマホで撮影したビデオ映像を使用して当舎で自分史ムービー・終活動画を作りませんか、というご提案です。

 スマホのカメラの性能が良くなったので、写真だけでなくビデオを撮影する方も増えています。
自分で撮った貴重なショットをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、撮影した写真やビデオを "撮りっぱなし" のままでスマホの中に保存しておられませんか?
それらのビデオ映像を当舎が制作する自分史ムービー・終活動画に使用してはいかがでしょうか。

 家の中でも外出先でも、いつもお手元にあるスマホでチャンスを逃さずに撮影したショットは、プロのビデオカメラマンでも撮れないシーンを記録することも可能ですね。
最近はNHKほかの放送局も放送素材として映像の提供を求めており、ニュースにもよく使われるようになりました。
とくに災害・事件・珍しい気象現象・何かのハプニングなどの映像は、腕のいいプロカメラマンでもその瞬間・その場所に居合わせないと撮れません。
ですので、多少ブレブレでも、構図がイマイチでも、あるいは縦長の映像でも、決定的なシーンが写っていれば使用したほうがいいということになります。

 同様に自分史ムービーや終活動画の場合も、過去のできごとなど、取材時の撮影だけでは撮れないシーンがあります。
それらは主に写真でご提供いただいて使用していますが、写真だけでなくお手元の貴重なビデオ映像も使いましょう。

 自分史ムービー・終活動画に入れる映像としては、例えば人生で大事な思い出になっていることに関する映像があります。
旅行先での忘れられない景色、大事なイベントでの映像、お子さまの成長の記録、ご家族と過ごされている時の様子、ペットの愛くるしい姿、趣味を楽しんでいる時に撮った映像・・・。大切な映像は人によってさまざまで、いろいろありますよね。

 最近はスマホの映像編集アプリもありますので、「編集なんて、自分でできるよ」という方もおられるかと思います。YouTubeやTikTokなどにどんどんアップする人もおられますね。
実際に編集してみたことがない方も、「たぶん、やれば簡単にできるんでしょう」と思うかも知れません。

 しかし、どんな編集内容でご満足されるかにもよりますが、人にじっくりと見てもらうビデオとなると撮影編集の高度な専門知識・技術やプロ用の編集ソフトが求められますし、ストーリー展開を考えることも重要です。作業する手間もかなりかかります。
例えば前回2月1日付の記事で取り上げたTV-CMでは、30秒間で15カットの映像を使用しています。
(前回の記事「ある父親の思いと人柄を描いたCMが秀逸!」はこちら
その多くは、起こっていることの状況説明だけでなく、登場人物が「いま何を考えているのか」「どう感じているのか」という気持ちの部分を、セリフやナレーションで直接言葉にする代わりに映像で表現しているカットです。
CMは短い尺の中で多くの情報を伝えるため短いカットをたたみかけるように使いがちですので、少し特殊ではあります。
しかしそうでなくても、ストーリーを展開させ、気持ちを表現するには、いろんなカットをうまく組み合わせていくことが必要になります。
そのため、どのように編集するかをあらかじめ考えたうえで、その前段階である撮影時にいろんなカットを記録しておくことが求められます。

 撮影に関しては、自分で撮るとなると自分自身が写っている映像を集めるのに困ります。
もちろん自撮りという方法がありますし、自撮り映像でも無いよりは有るほうがいいのですが、同じようなアングルで固定されますし、一般的には静止した状態でしゃべっているのを撮るので、自分が何かをしているシーンを自由なアングルで撮ることは難しいです。
例えばチュートリアル動画など学校の授業と同じような「何かを説明している」ビデオなどでしたら同じアングルでしゃべっていてもいいのですが、自分史ムービー・終活動画という自由な内容のビデオとしては、もう少しいろんなバリエーションのカットがほしいところでしょう。

 これらの編集や撮影のことは普段スマホでビデオを撮る時にはあまり考えませんので、撮った映像は「いくつかの映像素材」という状態です。
大事なワンカットとして使えても、それだけで編集すると充実した内容にするのは難しいことが多いかと思います。
ですので、ご自分で撮った大事な映像を使用するとともに、例えば旅行での思い出でしたらそのお話をインタビューで収録し、写真、現地のマップやパンフレットなど紙面の資料、その場所で買ったお土産など、お手元にあるものを使わせていただきながら、ストーリーをつなぐために必要な映像を集めることが大事になります。
それらを組み合わせて編集すると、充実した映像で、旅行時のストーリーや自分にとって大切な思い出であることがビデオを見る人にも伝わります。
そしてご自分で撮影した映像も、活きた形でいつまでも残ります。
それら一連の作業を当舎にお任せいただけませんか。

 ご自分で撮影される際は、HD(フルHD、解像度1920×1080)か4Kに設定して、スマホを横長に持って撮影していただくとよいと思います。
縦長の画面や低い解像度で撮影した映像、古いビデオなどをお持ちの場合はご相談ください。

 スマホのカメラでまだビデオを撮っていないのでしたら勿体ないと思います。
撮影しているうちに、あなたでしか撮れない貴重なショットがきっと撮れるでしょう。
折角スマホについている機能ですから、動く姿と音声が記録できるビデオも撮影してみてはいかがでしょうか。

 

当舎は自分史ビデオと自分史ムービー・自分史動画、終活ビデオと終活ムービー・終活動画を同じ意味で考えております。